MAX ESSA / MOON'S A BALLOON

緩やかなカーブを描く ドリーミーな世界観が光る MAX ESSA 最新Mix CD!

主宰レーベルJANSEN JARDINが好評のUK出身の気鋭プロデューサー MAX ESSAの最新Mix収録。現在、東京に拠点に活躍している彼が「MOON'S A BALLOON」と題してまるで月の輪郭をなぞるかのごとく緩やかなカーブを描くようなドリーミーな世界観をパッケージ。ディープハウストラックからアーリー90'sな選曲、ブギーなDiscoトラックなど、20年以上のDJキャリアを裏打ちするかのような新旧音源を織り交ぜたグルーヴ感溢れるMixは、本人の細部へのこだわりと世界観が感じられます。



Max Essa(Jensen Jardin)

1993年に、[Warp]からプロデューサーとしてデビュー。
これを皮切りに、Paper Recordings, D.i.Y Discsなどディープハウスレーベルから次々と作品を発表。また、マンチェスターのハシエンダ、ロンドンのヘヴン、サンフランシスコのザ・エンド・アップなど、イギリス、ヨーロッパの多くのパーティでDJ活動を行うようになる。2005年、ロンドンに拠点を置くレーベルBear Funkと活動を開始。[Bear Funk]から2枚のソロアルバム「Continental Drift」(2009年)、「White Shoes Blue Dreams」(2010年)、レーベル主宰のSteve Coteyとのコラボレーション・アルバムを2枚、Soiree名義「Zim Zim Zah Zah」(2009年)「The World of Progressive Disco」(2011年)をリリース。また2010年には[Is It Balearic?]からの2枚目のシングルを発表。この12インチに収録の20分に及ぶ壮大なメイントラック「Panorama Suite」は高い評価を得て、プロデューサーとしての名声を確立することとなった。2008年に日本に移住。多くのパーティーにゲストDJとして招かれプレイ。また、[Tirk]、[Ene Tokyo]、ノルウェイの[Telle Records]等からリミキサーとしての依頼が殺到する中、2010年には、自身主宰のレーベル[Jansen Jardin]を立ち上げる。Mark EやSoft Rocks、Dimitri from Paris等のDJから大きな支持を受けている。[Bear Funk]、[Is It Balearic?]、[Needwant]、[Feel Music]等から新作をLeng、Charles Websterの[Miso Records]、NYの[Disques Sinthomme]からはリミックスやが[Bear Funk]からの新作が予定されており、2012年は多忙を極めている。

¥ 1,575

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 500円

    全国一律 500円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。